本州(関東、東北、中部、関西、中国)
ご在住
医療ダイエットに興味のある方はご覧ください。

今回、話題のGLP-1注射・内服についてまとめました。

ダイエット効果が目的のGLP-1注射・内服は
医師の診察が必要な医療行為です。
日本では2型糖尿病以外の治療は承認されていない為、
自由診療、自費診療となります。

  • GLP-1(ジーエルピーワン)は、もともと私たちの体にあるホルモンで、主にインスリン分泌を促し、血糖を下げる働きがあります。
  • 食事をとると小腸から分泌され、インスリンの分泌を促進する働きをもつホルモンをインクレチンといいますが、このホルモンにはGIP(グルコース依存性インスリン分泌刺激 ポリペプチド)とGLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)の二種類があります。
  • インクレチンの中でも、2型糖尿病に対する新たな治療薬として注目されるのがこのGLP-1です。
    食欲を抑える作用、脂肪を分解することからアメリカではダイエット目的で用いられることが多くなっています。

  • このGLP-1ホルモンは、ダイエット効果以外にも胃、肝臓、心血管など、全身にさまざまな作用が認められています。
  • ここ近年、注目されているGLP-1ですが、基本的に自宅で薬(注射)を投与するので通院する必要がありません。痛点にも届かないくらいの極小・極細の注射針を毎日もしくは週1回自己注射します。
  • 内服薬の場合は、一日一錠経口投与でGLP-1を始められます。

GLP-1の投与方法はGLP-1を1日1回注射or内服
(もしくは週1回注射or内服)することで
ストレスを感じにくく自然と食欲が落ちるダイエット法です。

GLP-1注射の薬剤の種類ですが
「ビクトーザ注射」と「オゼンピック注射」と「リベルサス内服」
3種類が基本です。

ビクトーザ注射、オゼンピック注射の特徴

ビクトーザ、オゼンピック、リベルサス以外にも
GLP-1には安価で手に入りやすい薬はありますが
GLP-1注射・内服の薬剤は
「ビクトーザ注射」と「オゼンピック注射」と「リベルサス内服」
の3種類が基本です。

ビクトーザ、オゼンピック、リベルサスを
提供しているクリニックはコチラ

渋谷駅前おおしま皮膚科 GLP-1治療の特徴

渋谷駅前おおしま皮膚科のGLP-1治療の特徴は、続けやすい料金体系です。

GLP-1治療で重要なことは、どのメーカーを何単位注射・内服してその金額なのかということです。

現在多くのクリニックで単位数が書いていない、メーカーが書いていない、ただ販売だけの専門医不在で高額にGLP-1を売るクリニックが多数存在しております。

また格安と謳いながら高額なローンを組ませ、そのローンの金額を月々の金額と明示し、患者様を欺くような記載をしたり、最初の1か月のみ格安で無理に契約をさせるようなクリニックも多々ありますが、渋谷駅前おおしま皮膚科では翌月以降も初月と同じ料金でGLP-1治療を受けられます。

 

 

 

渋谷駅前おおしま皮膚科 GLP-1注射 価格表

GLP-1内服薬 リベルサス錠 価格表

内服薬リベルサス錠は、一日一錠経口投与でGLP-1を始められます。

容量 価格
⚫︎リベルサス錠 3mg 30錠 (30日分) 10,500円 (税抜)
⚫︎リベルサス錠 7mg 30錠 (30日分) 19,000円 (税抜)
⚫︎リベルサス錠 14mg 30錠 (30日分) 32,000円 (税抜)

容量 価格
⚫︎リベルサス錠 3mg 30錠 (30日分) 10,500円 (税込 11,550円)
⚫︎リベルサス錠 7mg 30錠 (30日分) 19,000円 (税込 20,900円)
⚫︎リベルサス錠 14mg 30錠 (30日分) 32,000円 (税込 35,200円)

自由診療(自費診療)について

  • 国内ではこちらのクリニックで扱っている薬はいずれも、糖尿病治療薬として保険診療で承認されている薬ですが、ダイエット目的では承認されていないため、自費診療、自由診療となります。

オンライン診療について

  • オンラインお申込み、ご購入の方は「オンライン診察料 + 郵送料」が掛かります。
    ビクトーザ、オゼンピック:4,000円(税込4,400円)(クール宅急便で送付)
    リベルサス:2,000円(税込2,200円) 
    ※代引き支払いもしくはクレジットカード支払いは患者様が選択できます。いずれも手数料はかかりません。
  • 実際に受診される患者さまは 「オンライン診察料、郵送料」は掛かりません。
  • 1回のオンライン診療で数か月分まとめて処方、郵送も可能です。
    郵送料(クール宅急便)+診察料は1か月の処方でも数か月分処方をしても4,000円(税込¥4,400)(リベルサスの場合には2,000円(税込¥2,200))と変わりません。
    ただし初めての方は副作用が起きた場合も返品はできませんので、1か月分の処方をお勧めしております。
  • ヤマト運輸を通し、患者様が商品を受け取り時にカード決済もしくは現金で代引きを選択できるため、ネット上での振込トラブル、カード決済トラブル等も心配ありません。

副作用について

  • 便秘や気持ち悪さ(悪心)
  • 食欲減退
  • 注射部位の内出血
  • 低血糖症状

禁忌事項

以下の方はGLP-1注射・内服が受けられませんので、ご注意ください。

  • I型糖尿病の方
  • がんの既往歴がある方、あるいは治療中の方
  • 甲状腺疾患がある方
  • 心機能・腎機能が低下している方
  • 未成年の方
  • 妊娠中・授乳中の方
  • 膵臓に異常のある方
  • 重度の胃腸障害のある方
  • 本剤に対し過敏症やアレルギーのある方

お問い合わせ

東京都渋谷区桜丘町24−8 新南平台マンション702号室

 

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は注目のダイエット、GLP-1注射・内服についてまとめてみました。
GLP-1が注目され始めたのは2018年頃からで、私の周りにもまだまだ知らないと言う人が沢山います。現在はまだ糖尿病専門医在住のクリニックが存在しなかったり、販売方法などもこれから改善されていくかとは思いますが、個人的には今後のダイエット社会を大きく変えるとても魅力的なダイエット法だと思っています。今回まとめたこの記事が、一人でも多くの方の「ダイエット成功のキッカケ」になれば幸いです。

PAGE TOP
MENU